ネット銀行カードローンの申込みや審査に通過するためのポイント
自動積立預金

ネット銀行の自動積立定期預金

貯金のためにいちいち自分でお金を移動するのが面倒。ネット銀行の自動積立機能を使って、手間いらずで毎月貯める方法を紹介。半ば強制的に自動で貯まるので、貯金が苦手な人にもおすすです。

意識することなく貯金を貯められる自動積立定期預金

簡単に説明すると普通預金口座から毎月決まった額を定期預金に振り替えするサービスです。増額付きの設定もできるので、ボーナス月に多めに積み立てることもできます。
自動でお金を振り替えてくれるので、自動積立定期預金の設定ができる銀行の口座を給与口座にして、給与日に積立するようにしておくのがおすすめ。意識することなくお金を貯めていける。お金を貯めるのが苦手な人も簡単に貯金できる。

ネット銀行は金利も高くてお得

ネット銀行ではソニー銀行とイオン銀行が金利が高い自動積立預金を用意しています。満期日の扱いについては、自動解約型と自動継続型がある(銀行によって異なります)。自動解約型の場合は、元金と利息が普通預金口座に入金され、自動継続型の場合は元金に利息を加えた額で自動で継続します。

解約するときの適用金利に各預入額ごとに計算されます。
例えば、2014年5月6月に1万円を入金した場合は、それぞれを別の明細で管理され、2015年6月に解約した場合は、5月分に関しては1年満期+中途解約利率を適用した利息が支払われ、6月分に関しては1年満期分の利息が支払われます。(銀行によって異なる場合もあります)。ネット銀行なら、ネット上から簡単な操作で解約することも可能です。

自動積立ができる銀行

ネット上で簡単に始められ、毎月1000円から積立可能。金利も0.100%と高金利です。自動継続型のみ対応しています。

店舗での手続きが必要ですが、100万円以上貯めればWAONポイントがもらえ、1年以上の運用ならソニー銀行よりも金利が高い。

都市銀行

始めるために手続きが必要で金利も低い。口座振替による預金金額も高めに設定されている場合もあります。