ネット銀行カードローンの申込みや審査に通過するためのポイント
マネーフォワード

マネーフォワード使い方

ネットバンクを活用するにあたり、ぜひ使いたいサービスがマネーフォワード。これは各ネットバンクの口座を登録しておくことで、複数の口座の入出金を一括管理(対応銀行1348社)することができるサービスです。登録時には各ネットバンクのログイン情報を設定する必要がありますが、以降は自動で各ネットバンクにログインして、現在の残高や最近の入出金情報を取得してくれます。いちいち各ネットバンクごとにログインして確認する必要がなくなるだけでなく、複数の口座全体でいま自分が持っている資産を合計表示してくれるので資産管理にも最適です。

無料家計簿ツール

セキュリティも心配ない

口座情報やログイン情報を登録するとなると、心配なのがセキュリティ面ですが、データや通信は強固なセキュリティで暗号化されます。このセキュリティが非常に厳重なのは、マネックス・ビジネスインキュベーションや三菱UFJキャピタルといった大手金融機関から出資を受けて、万全のセキュリティ体制を実現しているからです。マネーフォワードが管理するのは、あくまでも履歴だけで、取引用のパスワードなどは登録不要です。

マネーフォワードで管理できるのはネットバンクの口座だけでなく、証券やFX、投信、年金なども登録することが可能です。これにより、株や投資信託などの取引の履歴や、年金の入金などもまとめて資産管理することができます。

また、マネーフォワードには登録された金融機関の入出金情報をもとに、自動で毎月の収支を計算してくれる自動家計簿の作成機能も搭載されています。
52種類のクレジットカード対応や携帯電話、電子マネーなどを登録しておけば、利用履歴が自動反映されるため、より正確な家計簿となります。自分のお金の流れをトータルに把握することでできるので便利です。

マイレージやTポイントなどの管理も可能です。とはいえ、支払いがすべて対応の金融機関サービスばかりではないでしょう。そんなときには財布内の現金管理機能を使うと便利です。アプリを使って細かな支払いをその場で登録していけば、家計簿としてさらに正確なものになっていきます。さらにレシートを撮影して、支払いを自動登録することも可能です。なお、財布内の残高は、特定のネットバンク口座の出金と自動対応させることもできます。