ネット銀行カードローンの申込みや審査に通過するためのポイント

ネットバンクの目的別口座で預金

目的別口座は、自動車や住宅の頭金、教育費、結婚資金など、高額商品を買うために貯めたい目標額への道のりが見える。預金管理も目に見えやすいので、貯金欲のモチベーションもキープできる。目標を実現するなら、ネット銀行の目的別口座を使えば、計画通りに貯金できます。

目的別口座を使って資産を管理しよう。

目別口座とは、口座内のお金を最大5つまで小分けにできるサービスです。ネット銀行では住信SBI銀行とソニー銀行で提供しています。

住信SBIネット銀行の目的別口座は目標額と目標日を決めて実際に口座が作成されます。振替えたときに資金の移動が実際にされるため、目的口座の預金は総合口座に振替えをしないとATMで引き出すことができません。間違えて、木庭口座の預金を引き出してしまうということがないので、安心して預金ができます。

いっぽうソニー銀行は、口座を実際に作成されず、画面上のみで資金移動しているので、実際には資金移動はされていないため、いつでも預金を引き出すことができます。また、ポストペットがメールなどで預金の応援をしてくれるという特徴もあります。ポストペットの種類は10種類あり、名前も自分で決められます。

共通しているのは、目的に合わせて名前を付けて、目標額を決められることです。例えば、家賃や子供の教育費を貯めておきたい場合は、家賃口座と教育費口座という名前で目的別口座を作成し、そこに必要な額を入れておけます。また、貯金箱のようにも使えるんで、作成時点でお金が足りなくても目標額に向けて毎月預金をするといった使い方も可能。

定期預金や外貨預金も管理できる

目的別口座は普通預金だけでなく、定期預金や外貨預金などにも対応しています。定期預金や外貨預金を目的別口座に入れると、目的別口座ごとに普通預金、定期預金、外貨預金の割合がグラフで表示されるので、外貨の変動があっても、どれくらいの割合なのかがわかりやすいです。