ネット銀行カードローンの申込みや審査に通過するためのポイント

みずほ銀行

基本的な機能を網羅した過不足ないネットバンク

みずほ銀行は、第一勧業銀行、日本興業銀行、富士銀行を分割・合併してできた銀行。
日本初の商業銀行である第一国立銀行を祖とする歴史ある銀行で、銀行コード0001にその名残を見ることができます。
過去に重大なATMトラブルを2度も起こしたり、最近では、不正融資が話題にもなりましたね。

ネット銀行として使い勝手が気になるところでもあります。
特徴的なのは、日本の銀行で初めてポイント制を開始した「みずほマイレージクラブ」。クレジットカードと一体型のキャッシュカードを持つ必要がありますが。
でも年会費は無料なので、安心してください。

みずほ銀行

このカードはみずほ銀行・イオン銀行のATMがいつでも無料で使えるのがうれしいですね。手数料がかかる場合、ちょこちょこATMを使うと結構手数料ってばかにならないですから。
みずほ銀行は、全国に支店もたくさんあるのでいいですよ。
また、他行への振り込みも取引状況によっては最大4回まで無料に。(投資運用商品の残高がある場合)
このようにマイレージクラブに入るだけで、ATMや振り込み手数料まで無料になり、ネット銀行などと比べても遜色ないサービスを受けることができるのです。

宝くじがネットで買える

みずほ銀行のネットバンクは基本的な機能はそろっていますが、定期預金の金利も残念ながらいいとはいえず、住宅ローンも一般的な都市銀行の金利。

唯一よいのは、みずほ銀行では宝くじがネットバンクで購入できる点。
ネットバンクとは別に申込みをする必要がありますが、ジャンボ宝くじ、全国自治宝くじやナンバーズも購入もできます。
代金は、口座から引き落とされ、特に手数料もかからないので、よく宝くじを買う人には便利。
当選した当選金は、自動的に振り込まれるので、当たりを見逃す心配もありません。

富裕層向けのサービスとして、1000万円以上の預け入れがある場合みずほプレミアムクラブに入会できます。
支店の会員限定のスペースで資産運用の相談ができたり、レストラン、ホテル、ゴルフ場の予約を専用コンシェルジュが行ってくれるなど、まるでゴールドカードのようなサービスが受けられます。

キャッシュカード払いで0.5%還元

お買い物時にクレジットカードのように提示すれば、代金が銀行の普通預金口座から直接引き落とされるデビットカード。
ネット銀行のキャッシュカードで申し込めるものもありますが、みずほ銀行のばい、通常のキャッシュカードが事前の申し込みなく、年会費・手数料無料でそのままデビッドカードとして利用できます。
クレジットカードと違い、直接預金口座から引き落とされるので、使い過ぎる心配がありませんし、私も、よく利用しています。

「J-Debit」のマークがある加盟店で利用すれば、利用金額の0.5%ガ回数無制限でキャッシュバックされるのです。
1万円の利用で50円のキャッシュバックですが、買い物のたびにキャッシュバックになるので、主婦にとってはありがたいお得なサービスです。

みずほ銀行の基本機能

投資信託 定期預金 振込
44商品 1年0,055% 月最大4回無料
投資商品は基本的なものを揃えている印象。投資初心者で選びきれない人には良い。手数料は特に安くない。 定期預金の金利は良いとはいえない。自動積み立て式定期預金もあるので、みずほが給与受け取り口座の人は申込むといい。 みずほマイレージクラブに加入し、投資商品を購入する必要がある。
外貨預金 住宅ローン 提携サービス
6通貨対応
為替手数料・米ドル40銭
変動0,775% 一部手続き可能 スマホアプリ・イオン銀行
外貨は6通貨に対応。手数料は高いが、みずほに口座を持っていて、まず始めてみたいという人向き。 一般的な都市銀行の金利。ネットバンクで一部の手続きができるので、みずほで住宅ローンを組んでいる人はログインを。 専用アプリでスマホで為替や宝くじの当選番号が確認できる。イオン銀行のATM手数料が無料で使える。