ネット銀行カードローンの申込みや審査に通過するためのポイント

株主優待活用術

趣味がはっきりしている場合は、それに合わせて銘柄を選ぶので、優待をフル活用できます。
たとえば、旅行好きなら共立メンテナンスやパーク24の株主優待がオススメ。
共立メンテナンスの株主優待は、100株以上保有でホテルで利用できる優待券と宿泊割引券がもらえます。
宿泊代と施設内で利用する飲食代を優待で充て、毎年旅行を楽しんでいる人も多いとか。
ちょっとした買い物には株主優待であるQUOカードを利用すると、小銭いらずで便利。

お料理好きの主婦に使い勝手のいいのは、ブロンコビリーやアズワンの株主優待。
ブロンコビリーの株主優待は、100株以上保有で自社レストランで利用できる優待券もしくは、新潟県魚沼産コシヒカリのお米がもらえます。

アズワンの株主優待は、100株以上の保有で有名百貨店の3000円相当の選択型グルメギフトがもらえます。

また、外食に使える優待を利用して、日常の食費を節約している投資家もいますよ。
モスフードサービスの優待は、100株以上保有で1000円分の食事優待券がもらえますが、全国のモスバ―ガ―のほかに、ミスタードーナツでも利用できます。

また、チムニ―の優待も100株以上保有で5000円分の食事優待券がもらえ、全国の居酒屋「はなの舞」「さかなや道場」「魚鮮水産」などで利用できます。

このようにさまざまな活用法がある株主優待ですが、気をつけなければならないのが優待券の使用期限。
有効期間をよく確認して使いきるようにしたいですね。

期限切れが気になるなら、缶詰の優待銘柄がおススメです。
ホッカンホールディングスの優待は、1000株以上保有で2000円相当の自社の
缶詰めセットがもらえます。
マルハニチロホールディングスも、1000株以上保有で自社の缶詰めセットがもらえます。
缶詰は日持ちするし、非常食にも使えるので便利ですよ。